2019年10月5日土曜日


お客様がお母様からいただいた鼈甲のフレーム(写真上)

まずレンズが大きいのでレンズの下の部分を5mmほどカットし、デザインを変更。
(店舗でやります)

そしてメガネのフレームの色がイエローゴールドで目立ち過ぎてしまうので
下のフレームのカラー「ライトブラウン」へメッキをやり直します。

出来上がりがお客様に気にっていただけるといいのですが。

出来上がりが楽しみです。

メガネのご相談は三島市のメガネ専門店 梅屋眼鏡店へ

2019年1月11日金曜日

サングラスに変身

メガネのご相談は三島市のメガネ専門店 梅屋眼鏡店へ

陽の光に当たるとレンズのカラーが濃くなります。

紫外線と可視光線に反応して着色するので、スキー場やゴルフ場、登山などで活躍してくれるはずです。

旅行に必ず持っていかれる方もいらっしゃいます。

外でスキーやボード、ゴルフをしている時はサングラス、
室内に入って食事をする時には普通のメガネの二刀流!
着色するのに約1分30秒、退色に約3分。

いっしょにいるお友達もビックするはずです!!

2018年2月2日金曜日

2月4日

2月4日(日曜日)
店長不在のため、視力検査をご希望される方は別の日のご来店をお願いいたします。

メガネのご相談は三島市のメガネ専門店 梅屋眼鏡店

2018年1月20日土曜日

メガネのレンズを薄くしたい!

メガネのレンズが厚くて見た目も気になるし、
重さが鼻にかかって痛くて掛けるのが苦痛。

こんなお悩みのお客様が来店されました。



実際にレンズの厚みは10mm弱。

フレームも大きいので確かに重さはかなりのもの。

レンズを薄型するのは当然のことですが、視力チェックの結果S-12.00と強度近視でしたので、フレーム選びも慎重にならなくてはなりません。

新しくお作りするフレームの候補はこちらで選ばせていただきました。






その結果、出来上がりの厚みは4mm台後半に5mmの厚み軽減に成功しました
(^o^)

重さも驚くほど軽く仕上がり、お客様にも喜んでいたき、私もこれほどきれいに仕上がったのは久しぶりだったので自画自賛したくなり掲載させていただきました。

レンズを削る時の前面へのレンズの出具合や後面のレンズカットも重要です。

レンズの厚みにお困りの方、ぜひ一度当店までご相談ください。


メガネのご相談は三島市のメガネ専門店 梅屋眼鏡店

2017年12月5日火曜日

酒場放浪記 吉田類のメガネ

「吉田類の酒場放浪記」みなさん見ていますか?
色々な街のお店に訪問して吉田さんが街やお店を紹介する番組です。

三島だったらどこのお店に行くのでしょうか?

昨晩もこの番組を見ていたら吉田類さんのメガネが見たことあるなぁと思ったら

シャルマンの「Line Art」(ラインアート)のXL1028でした。



このメガネ軽くて圧迫感がないので掛けていて負担にならない、少々お値段はしますが掛け心地で決める方がほとんどなんです。

このメガネ、素材の開発に8年、溶接技術の開発に2年かかっています。
この会社の社運をかけたメガネ魂を感じますね。

レディース、メンズともデザインは豊富ですのでこのメガネを掛けにご来店ください!


メガネのご相談は三島市のメガネ専門店 梅屋眼鏡店

2017年11月10日金曜日

ビックサイズメガネ!

からだが大きければ比例して頭も大きくなります。

標準的なメガネよりもサイズにゆとりを持たせたメガネフレームがあります。

最近は、スッキリしたおしゃれな大きいフレームが発売されています。

写真に乗っているメガネフレームは有名なお相撲さんが掛けています。

一昔前のようなおじさんデザインではない大きなサイズのメガネフレームが

いまあるのでぜひお問い合わせください。

メガネのご相談は三島市のメガネ専門店 梅屋眼鏡店

2017年11月9日木曜日

これは便利!ハンカチ+メガネ拭き=DOCHIMO


「DOCHIMOIHO」は
片面はメガネ拭き、片面がタオル。

メガネのレンズが汚れた時だけでなく、スマフォの画面が汚れた時にも使えます。

ハンカチとして持ち歩き、ポケットの中に入れておけばすぐに取り出せ、
きれいになるので一石二鳥。

お家に置いておけばメガネを洗った後にタオル面で水気を取り、
レンズ拭き面でレンズをきれいに拭きあげればきれいになること間違いなし!

ぜひ一枚!

DOCHIMO ¥400+消費税


メガネのご相談は三島市のメガネ専門店 梅屋眼鏡店